2005年08月16日

【スッキリ!いつでもどこでもツボ刺激 #0】


◆◇---------------------------------------------------------◇◆
  【スッキリ!いつでもどこでもツボ刺激 #0】 創刊準備号
◆◇---------------------------------------------------------◇◆

 お読みくださいましてありがとうございます。

 ストレス・疲れ・眠気・体調不調と闘うあなたに
 四季折々に合わせた即効性ツボマッサージをお伝えしてきます。
 
  ▼あなたの辛いその症状を軽減する為に!
  ▼疲れやストレス発散に!
  ▼コミュニケーションの一環に!
  ▼ビジネスチャンスに!!
  ▼パートナーとのタッチコミュニケーションに!
  ▼シェイプアップに!

 ツボマッサージをお役立て下さい♪♪



■□ご挨拶 ----------- tubo-curesysutem

◆今日和&初めまして!wakamiと申します。

 これからこのメルマガを通じてあなたのお役に立ちたいと思います!

 どうぞ、よろしくお願い致します。


◆まずは簡単に自己紹介なぞ。

 東京都の”若貴兄弟”で知名度があがった神社近くに生まれ、
 10歳から東京23区のチベット地方に移り住み
 現在東京23区外の多摩川のほとりに住む30代のOLです。

◆マッサージに目覚めたのは幼少の頃。
 祖父母に「孫の中では一番上手い!」とマッサージをお願いされては
 嬉々とやってました。

 おかげで”ツボ”なるものを自然に体得。

 でも、自分自身は学生時代はコリ知らず。
 コリを知ったのは、社会人になってからです。


◆就業時間中、春夏秋冬問わず摂氏20度に設定された
 コンピュータルーム内でパソコンの前にじーっと座り、
 モニターとにらめっこしてはキーボードを叩き続ける。

 肩凝りにならない方が難しい生活を余儀なくされ、
 休憩時間はもっぱらマッサージしまくっております。

 もちろん自分で!
 マッサージのお店には数えるほどしか行った事が無いです。
 一度ど下手な人に当って、エライ目にあったので・・・
 自分でやった方がマシ!!
 それに自分でやれば、その分のお金は浮きますしね♪
 な〜んて経済的!

 そして同僚にもマッサージをしてあげております。
 これが大評判♪
 そこらのマッサージのお店に行くよりいいそうです☆


◆また、立場上、色々なお客様とお話する機会がありまして、
 その話題作りにも一役買っているのも”ツボ”。

 聞くと皆さん様々な体の悩みをもっていらっしゃいます。
 「私はコリを知らないんですよ」
 なーんていう人もいますが、ツボを押させて貰うと
 「結構コッていらっしゃいますよ?」な人も多い!

 そして症状に合わせてツボやマッサージ方法をお伝えすると
 非常に喜んで貰える!

 ついでにビジネスも人間関係も上手く行く!!んですねぇ〜!
 恋人との関係も上手く行きますよ〜♪
 特にちょっとウマく行ってない時には効果絶大!
 (と、マッサージを伝授した友人は言ってました(笑))

 そんな事をやっていたら、かなりの知識が自分の中に溜まってました。


◆営業支援の業務についていた時です。
 情報共有の一環として社内向けのホームページとメルマガを
 発行していたのですが、その時に要望されたのが

  「仕事の事だけじゃ無い、面白いメルマガにしてね!」

 面白いと思う感覚は、人によって違うので結構難しい。
 そこで提案しました。

  「癒し系じゃダメですか?」

 情報共有のメルマガに、オフィスでも簡単に出来るツボや
 マッサージやストレッチ方法を紹介していきました。

 これがまた大好評!!「次、○○について教えて!」メール殺到!
 つくづく思いましたよ〜

  「みんな、疲れてるんだなぁ・・・」
  「ストレス溜めてるなぁ・・・」


 そんなこんなで、もっと大勢の人を癒したいと思い、
 ツボケア伝道師になるべくこのメルマガを発行することにしました!

▼四季折々にあわせたツボを紹介していきまーす!

▼いつでもどこでもできるようにできるだけ文字でお伝えしまーす。

 だって、オフィスで画像付きのHPを見ていたら、サボりだって
 思われちゃうでしょ?
 最近はインターネットができないオフィスも増えてきているし。

 それに、必要な部分だけ、携帯電話メールに送っておいて
 外出先でツボマッサージをするという活用方法も有りです。

◆それだけじゃよくわから〜ん!という方のために、
 ツボの場所の画像はブログにアップしていきます。
 コチラ⇒http://curesystem.seesaa.net/

例えば・・・

◆創刊準備号のツボ 【百会】
 これは万能ツボといわれるツボのひとつです。

◇効能
  読んで字の如く「全ての機能が集中する」ところ。
  主に血行をよくする働きがあります。
  頭がボンヤリして集中力に欠く時にも効果有り!


◇場所
  頭の左右中心の線と
  左右の耳の上端を結んだ線が交わる点。
 
  左右の耳の上端に親指を置きながら、
  頭のてっぺんで両手の中指を重ねて
  頭の中心に向けてゆっくり押すといいです。

  また、その辺りをブラシで叩くのもOK!
  但し、流血に注意(笑)

 画像⇒http://curesystem.seesaa.net/article/5440628.html


 
◆そうそう、ご注意点を少々。
 社内向けのメルマガを書いていた時にあったのですが、
 「全然治らないんだけどぉ〜」といった意見をもらったことがあり、
 その方によーく話を聞いてみました・・・それは・・・

 「お願いだから、病院に行ってくださ〜い!」レベルでした・・・

 ツボ療法には得意分野と不得意分野があります。
 手術が必要な病気・細菌/ウイルス等の感染症等は
 素直に病院に行きましょう!

 例えていうならば、ツボ刺激は

◇歯痛を軽減する事は出来ても、虫歯は治りませんっ!!◇

 きちんと専門のお医者様で治しましょ〜ね!


◆それとこれも割と多かったのですが、
 「俺さぁ、指が太くてツボに指が入んねぇんだよな」
 とか
 「指が疲れちゃうよ」といった意見も頂きました。

 そこは代用品を使いましょ〜

 ▼ボールペンのお尻でグイッと一発
 ▼ブラシでトントンと叩く
 ▼番外編 タワシ
      皮膚の表面を軽くこすったり叩いたりして使用。
      強くこすると大惨事な事になるのでご注意を!

 他にも市販されているグッズがたーくさんあります。
 こちらはブログの方に随時載せていきますので、
 ご興味ある方は見てくださいね〜
 ⇒http://curesystem.seesaa.net/

 「こんな方法もあるで〜」というアイデアも大募集!


◆今後はこちらのメルマガを

 ▼あなたの辛いその症状を軽減する為に!
 ▼疲れやストレス発散に!
 ▼コミュニケーションの一環に!
 ▼ビジネスチャンスに!!
 ▼パートナーとのタッチコミュニケーションに!

 お役立てください♪



■□次回予告 ----------- tubo-curesysutem

◆疲れ目に効くツボ!

 最近行く先々で聞かれるんですよ(笑)


 ※予告は未定であって決定ではありません。
  変更することもあります。



■□編集後記 ----------- tubo-curesysutem

◆最後までお読みいただき、ありがとうございました。

◆初回ということで、サラッとご挨拶をと思いましたが、
 つい力が入って長くなってしまいました。

 次回からは、ぎゅっ☆と凝縮してお送りしますので、
 楽しみにしていてくださいね。

 それでは、また!!



◆◇---------------------------------------------------------◇◆

   【スッキリ!いつでもどこでもツボ刺激】

◆ご感想・質問・リクエストなどお待ちしております!
 cure_system@yahoo.co.jp

◆発行者:wakami(ワカミツカサ)
◇発行周期:週一回(基本:月曜配信)
◆ブログ:http://curesystem.seesaa.net/

※このメルマガはご希望いただいた方に限定して配信しています。
 万一購読された覚えがないときや今後配信を希望されない際には、
 下記ホームページにアクセスして購読を解除してください。
 http://www.mag2.com/m/0000166980.html

※免責事項:このメールマガジンの内容により損害を被った場合でも、
 当方は一切の責任を負いかねます。
 特に力の入れ過ぎにはご注意を!!!!
 安定期前の妊婦さんもご注意を!!
◆◇---------------------------------------------------------◇◆





◆◇裏tubo-curesysutem


ツボの謂れ〜

体のツボは漢字で書くと「壺」です。
そう!怪しげな宗教とかで何千万で買わされる代表格(?)の
壺でございます。

くぼんで深くなった所・・・という意味からきているらしいんですけどね。

つまり、体のツボは「くぼんで深くなった所」なのです!

ぷちトリビアでした☆


posted by wakami at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。